2006年06月05日

ASPって?

問題。ASPって何でしょう?

A:
A・・・あれが
S・・・柴犬の
P・・・ポチ

B:
A・・・アンタ
S・・・死ぬわよ?
P・・・ピンチよ?

C:
A・・・明日
S・・・社長が
P・・・ピーーー!(放送禁止用語)

はい、全部ハズレです。


答えは

A・・・アフィリエイト
S・・・サービス
P・・・プロバイダ


でした。


ん、Bだと思った?


そんなこといってるとアンタ死ぬわよ!?


とまぁ、それは置いといて、ASPですね。

Wikipediaによると、


アフィリエイト・サービス・プロバイダ (Afiliate Service Provider) とは、インターネットで広告を配信するためのサービス・プロバイダである。

広告主は、ASPに対し、ウェブサイトでの宣伝を依頼し、広告(バナー、リンク、商品画像など)を用意する。ASPは、アフィリエイター(提携者、Afiliater)に対し、広告主が用意した宣伝素材を提供するといったものである。この際、宣伝広告のクリックや、宣伝物の販売が成立すれば、各アフィリエイターは、提示された報酬金を手にすることができる。いわば、Webでの宣伝を行うにあたっての仲介業者である。



らしいです。


簡単に説明すると、(できるかな。。。)

前の記事で「アフィリエイトって?」って説明しましたよね。


1.A社の商品をB君がホームページやブログで公開

2.C君がB君のホームページを見て、A社の商品を購入

3.A社からB君へ成果報酬が支払われる


この流れの、A社とB君を繋げる役目にあるのが、ASPと思ってください。


つまりは、あなたと広告主さんを繋げる夢の架け橋ですな。
(お、いいこと言っちゃった?)


はい、というわけで、次は「ネットバンク口座を開設しよう!」です。



ブログアフィリエイトでネット初心者でも副収入を稼ぐ方法TOPへ
posted by 猫男 at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者講座
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。